活発な雨雲が西日本から近づいてきています。あすの北陸地方は広く雨、福井を中心に局地的に雷を伴って激しく降る恐れも。今週末は不安定な天気が続き、日ごとの気温差も大きくなりそうです。

あす25日(金)は福井を中心に激しい雨の恐れ

画像A

あす25日(金)は前線を伴った低気圧が本州の南岸を東北東に進み、山陰沖にも別の低気圧が発生する見込みです。低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、雨雲が発達しやすく、低気圧に近い福井を中心に朝から昼過ぎにかけて雷が鳴ったり、局地的には1時間に30ミリ以上のバケツをひっくり返したような激しい雨の降る所があるでしょう。
また、雨雲の範囲は次第に東へ移るため、石川や富山、新潟でも日中を中心に雨が降り、夕方にかけて一時雨脚の強まる所がありそうです。お出かけには大きめの傘を持ち、雨の降り方に注意してください。

土曜日も不安定な天気 日曜日は寒気が流れ込む

画像B

26日(土)は低気圧が北陸沿岸を北東へ進みます。低気圧に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込む一方で、上空には寒気が流れ込むため、大気の状態が不安定になりそうです。午後は所々で雨雲が発達し、局地的に雷を伴い雨脚の強まる所があるでしょう。日差しが出ても、午後は天気の急変に注意してください。
また、低気圧が通過したあとは「冬型」といわれる、西に高気圧、東に低気圧の「西高東低の気圧配置」に。27日(日)は雲が広がりやすく、山沿いを中心に雨量が多くなるでしょう。

気温差にも注意

画像C

きょうは日差しも出て「夏日」の所が多かった北陸地方ですが、あす25日(金)はまとまった雨で日差しも無いため、最高気温は22度前後と平年より低く、10月上旬から中旬並みになりそうです。また、26日(土)は日本海の低気圧に向かって南よりの風が吹いて再び「夏日」になる一方で、寒気が流れ込む27日(日)は海からの冷たい北よりの風が吹いて気温が下がり、山沿いでは日中も20度に届かない所が多くなるでしょう。
日ごとの気温差が大きい週末になりますので、羽織るものを用意するなど体調管理にもお気を付けください。