きょう28日の中国地方は、午後には山陰の雲も少なくなり、全般に晴れて、日差しのもとでは汗ばむ陽気になりそうです。ただ、今夜も肌寒くなり、一日の気温差が大きくなる見込みです。
また、今週は29日の午後から30日にかけて天気の一時的な崩れがありそうですが、その他の日はおおむね晴れて、朝晩はヒンヤリとしますが、日中は汗ばむ暑さとなるでしょう。

一日の気温差、内陸部で15℃くらいに

画像A

けさの中国地方は、晴れて放射冷却の効いた西部の所々でこの秋一番低い最低気温となりました。また、島根県の瑞穂で8.3℃、広島県の大朝で8.4℃と、西部の中国山地沿いでは10度を下回りました。一方、昼間の最高気温は25℃前後の所が多くなり、山陽南部では28℃くらいになる所もあるなど、汗ばむくらいの暑さでしょう。内陸部では朝と昼間の気温差が15℃くらいになる所もある見込みです。
また、今夜は放射冷却現象がよく効き、内陸部を中心に肌寒くなるでしょう。
一日の気温変化で体調を崩さないよう、羽織物を用意するなどして、服装で調節する必要があります。

週間 天気の崩れは29日午後から30日、晴れる日は一日の気温差が大きくなる

画像B

今週天気の崩れが予想されるのは、30日の水曜です。29日の午後から雲が広がりやすくなり、30日は雨の降る可能性があります。
その後は大体晴れの天気となり、朝晩は内陸部を中心にヒンヤリとしますが、日中は暑いでしょう。
来週のはじめにかけて、日中はまだ半袖が必要な暑さとなりそうです。