きょう10月1日は、次第に雨の範囲が北へと移ります。九州から近畿は一日を通して大体晴れるでしょう。東海や関東は午前中は雨の降る所がありますが、午後は次第に晴れ間が出そうです。東北や北海道は午後を中心に雨が降る見込みです。

雨の範囲は次第に北へ

画像A

いよいよ10月がスタートです。きょう1日(木)は、沖縄と近畿は一日を通して大体晴れるでしょう。中国、四国、近畿は午前9時頃まで雨雲のかかる所がありますが、日中は広く晴れる見込みです。一方、東海や関東、北陸は午前中を中心に雨の降る所があるでしょう。局地的に激しく降る見込みです。午後になると、次第に晴れ間が出るでしょう。次第に雨の範囲は北へと移り、東北と北海道は午後を中心に雨が降る見込みです。急な強い雨や落雷、突風にご注意ください。

九州から東海は夏日 関東から北海道はひんやり

最高気温は沖縄と九州から東海はきのうと同じくらいか高く、夏日の所が多いでしょう。日中は汗ばむくらいになりそうです。一方で、関東甲信はきのうよりも3度前後低くなりそうです。日中は気温の上がり方が鈍く、25度に届かないでしょう。東北や北海道はきのうと同じくらいか低い所が多く、20度前後になりそうです。ひんやりしますので、上着を羽織って暖かくしてお出かけください。

きょうは中秋の名月

きょうは「中秋の名月」です。旧暦の8月15日にあたり、古くからお月見をする習慣があります。満月はあす2日(金)ですが、ほぼ満月に近い丸い月が見られるでしょう。今夜、月がきれいに見れそうなのは、沖縄と九州から近畿です。良く晴れてお月見が楽しめるでしょう。東海や関東も夜には晴れてくる所が多くなりそうです。一方、東北や北海道はきょうはあいにくのお天気ですが、あすの夜は晴れる所が多くなりますので、満月を楽しむことができるでしょう。夜間はグッと冷えてきますので、風邪をひかないように暖かくしてお月見をお楽しみください。