きょう8日(木)、「強い」台風14号は奄美へ接近するでしょう。本州付近は前線の影響で雨が降り、きのうよりも大幅に気温が低下します。今シーズンはじめて最高気温が20度に届かない所もありそうです。11月並みの肌寒さになりますので、暖かくしてお出かけください。

台風14号は奄美へ接近 本州付近は前線の雨

画像A

「強い」台風14号は、8日(木)午前5時現在、南大東島の北東およそ250キロを1時間に20キロの速さで北北西に進んでいます。この後、台風は発達しながら北西に進み、奄美に接近するでしょう。九州南部と奄美地方は昼前にかけて風速15メートル以上の強風域に入る見込みです。また日本の南には前線が停滞しており、台風の北上に伴って、前線の活動が活発になる見込みです。
<各地の天気>
沖縄は午前中は雨の降る所がありそうです。奄美は雨が降ったりやんだりでしょう。昼前から海上を中心に非常に強い風が吹くおそれがあります。沿岸の地域では猛烈なしけとなる所がありそうです。九州は午前中を中心に雨雲のかかる所があるでしょう。四国は断続的に雨、中国地方と北陸は昼頃まで雨が降る見込みです。近畿は夕方まで広く雨でしょう。東海と関東は一日を通して雨が降り、時折、雨脚が強まりそうです。傘の手放せない一日でしょう。一方、東北や北海道ははじめ気圧の谷の影響で午前中を中心に雨の降る所がありますが、次第に高気圧に覆われて、晴れる所が多くなりそうです。

本州は11月並みの肌寒さ

画像B

きょう8日(木)は気温の大幅な低下にも注意が必要です。最高気温は九州から東北にかけてきのう7日(水)より大幅に低くなりそうです。九州は25度に届かず、10月中旬から下旬並みでしょう。中国、四国、近畿、東海、関東、東北南部はきのうよりも5度以上低い所が多く、広く20度に届かない見込みです。大阪や名古屋、東京など、この秋はじめて20度に届かない所もありそうです。日中は雨が降り続き、気温がほとんど上がりません。11月並みで、きのうとは一転、上着が必要なほどの肌寒さになりそうです。上着を羽織るなど、暖かくしてお出かけください。東北北部と北海道はきのうと同じくらいでほぼ平年並みでしょう。一方、沖縄は30度近くまで上がりそうです。