この先は晴れる日が多いものの、寒気が流れ込みやすいでしょう。4月も半ばに差し掛かるため極端な寒さはありませんが、季節が少し足踏みしそうです。北海道は雪の降る日もあるでしょう。

あす 北日本の雪は朝まで 日中は晴れる所が多い

画像A

あす7日(火)は西高東低の気圧配置は緩みますが、本州付近には湿った空気が流れ込みそうです。
沖縄はすっきりしない天気でしょう。
九州から東海は、昼頃まで雲の広がる所がありますが、おおむね晴れる見込みです。
関東は内陸ほど晴れる時間が長く、沿岸部は雲の多い天気になりそうです。北陸は雲が多めながらも、日差しはあるでしょう。
東北は日中晴れる所が多くなりそうです。北海道は太平洋側では晴れますが、日本海側は朝まで雪や雨の降る所があるでしょう。

低気圧や寒気の影響 受けやすい

画像B

今週、一番冷たい空気が流れ込むのが、9日(木)〜10日(金)頃。また12日(日)〜13日(月)は低気圧が本州の南岸付近を通過する予想で、寒気を引き込みそうです。
9日(木)は西高東低の気圧配置に変わって、北海道と東北は日本海側を中心に冷たい雨や雪が降るでしょう。
11日(土)にかけて晴れる関東から九州も、風がヒンヤリと感じたり、にわか雨の可能性があります。
12日(日)〜13日(月)は低気圧が進むコースにもよりますが、13日(月)にかけて雨の降る所がありそうです。
季節が逆戻りするような寒さはありませんが、春本番の暖かさの日は少ない見込みです。季節の進みは遅く、桜が満開の所や咲き始めた所では、例年より桜が長持ちするかもしれません。