北海道は、昨日の暖かさが嘘のように、一気に雪が降った所も。4月とはいえ、まだまだ雪崩や路面の凍結などに注意が必要です。

4月なのに 十勝地方で大雪

上空に寒気を伴った低気圧が近づいたため、北海道は十勝地方を中心に、大雪となりました。午前9時までの6時間に降った雪の量は、中札内村(なかさつないむら)上札内(かみさつない)で21センチ、広尾町で19センチ、大樹町で15センチ。午前10時までの6時間に降った雪の量は、帯広空港で18センチ、帯広市で14センチでした。
これらの地点は、いずれも、昨日は積雪がありませんでしたが、今朝はどんどん雪が積もりました。また、帯広市では、昨日8日の最高気温は14.6度と4月下旬並みの陽気だったので、春から真冬へ、季節が一気に逆戻りしました。

北海道の東部 10日まで所々で雪

北海道は、今日9日午後も、断続的に雪や雨が降るでしょう。雪のピークはきょうですが、北海道の東部では、明日10日も雪の降る所がありそうです。4月とはいえ、車の運転や歩く際は、路面状況の変化に注意が必要です。