肌を刺すような日差しの毎日が続き、どこにも出かけたくない、クーラーの効いた室内から出たくない、と思っている方も多いかもしれませんね。それでもお子さんのために、どこへ行こうかと計画中の親御さんも多いと思います。そんな時には、真夏でも涼しく快適な「鍾乳洞」に行ってみては!
本日は、奈良県の「面不動鍾乳洞」、山口県の「秋芳洞」、高知県の「龍河洞」、大分県の「稲積水中鍾乳洞」をご紹介します。「鍾乳洞」は夏休みの自由研究にもオススメです!

関西最大規模を誇る「面不動鍾乳洞」(奈良県吉野郡)

関西地方で最大規模を誇る「面不動鍾乳洞」。照明設備がリニューアルされ、つらら状に垂れ下がる「鍾乳石」や、下からタケノコのように伸びる「石筍」の特徴や形状が、LEDのライトアップによってさらに幻想的に! 鍾乳洞の入口までは歩いてもたどり着けますが、結構な急斜面なので、大人気のモノレール(有料)を利用するのもありです!
面不動鍾乳洞
●所在地:奈良県吉野郡天川村大字洞川673-89
●電話:0747-64-0352
●アクセス:近鉄吉野線「下市口駅」からバスで78分、「洞川温泉」下車徒歩20分
●営業時間:9:00〜17:00 ※時期により異なります
●料金:大人400円、子ども200円
※詳細は公式HPをご確認ください

ライトアップでより幻想的に!
ライトアップでより幻想的に!


日本屈指の大鍾乳洞「秋芳洞」(山口県美祢市)

日本三大鍾乳洞のひとつで、日本屈指の規模を誇る大鍾乳洞が「秋芳洞」です。見どころは、棚田のように鍾乳石が折り重なって広がる「百枚皿」、上から無数の鍾乳石がつららのように降りてきている「傘づくし」、いくつもの石柱が重なった大迫力の「黄金柱」など、どれもスケールが大きく見どころ満載! 洞内の気温は年間を通じて17度と快適です!
秋芳洞
●所在地:山口県美祢市秋芳町秋吉3506-2
●電話:0837-62-0305
●アクセス:JR山陽本線「新山口駅」からバスで45分
●営業時間:8:30〜17:30(3月〜11月)、8:30〜16:30(12月〜2月)
●料金:高校生以上1200円、中学生950円、小学生600円
※詳細は公式HPをご確認ください

秋芳洞の「百枚皿」
秋芳洞の「百枚皿」

世界でひとつ!神の壺がある!「龍河洞」(高知県香美市)

1億7500万年の歳月を経てできた「龍河洞」も日本三大鍾乳洞のひとつ。弥生時代の土器や石器、弥生人が遺した「神の壺」など、洞内に古代人の居住跡があるという、かなり貴重な鍾乳洞。長い年月をかけて、鍾乳石と弥生土器が一体化しているところも見どころ! ヘルメットをかぶり、ヘッドランプを頼りに巡る冒険コースもあります(前日までに予約が必要)。
龍河洞
●所在地:高知県香美市土佐山田町逆川1424
●電話:0887-53-2144
●アクセス:JR土讃線「土佐山田駅」から、とさでん交通バスで20分「龍河洞」下車
●営業時間:8:30〜17:00(3月1日〜11月末日)、8:30〜16:30(12月〜2月末日)
●料金:高校生以上1100円、中学生700円、小学生550円
※詳細は公式HPをご確認ください

龍河洞の「神の壺」
龍河洞の「神の壺」

日本一の水中鍾乳洞「稲積水中鍾乳洞」(大分県豊後大野市)

全国名水百選の清流「白山川」の上流に位置する「稲積水中鍾乳洞」は日本最大の水中鍾乳洞です。世界でも数少ない、水中に鍾乳石が見られる珍しい鍾乳洞で、3億年前の古生代に形成され、阿蘇火山大噴火の際に水没し現在の形に形成されたそう。透き通ったエメラルド色の水中に見える鍾乳石はとても神秘的! 九州のパワースポットとしても名高い「稲積水中鍾乳洞」に出かけてみては!
稲積水中鍾乳洞
●所在地:大分県豊後大野市三重町大字中津留300
●電話:0974-26-2468
●アクセス:JR豊肥本線「三重町駅」からタクシーで約20分
●営業時間:9:00〜17:00
●料金:大人1200円、大学生1000円、中学・高校生800円、4歳〜小学生600円
※詳細は公式HPをご確認ください

吸い込まれそうな水面
吸い込まれそうな水面