新年あけましておめでとうございます! 令和はじめのお正月、すでに初詣にお出かけされた方もいらっしゃることでしょう。災厄からまもられた健やかな一年を願う、厄除けや厄祓い。今回は、厄年を迎える参拝者にも人気の初詣スポットを、関東エリアから4つご紹介します。人々の願いや期待が、ワクワクするエネルギーとなって流れているお正月。2020年が厄年ではない方も、一年の元気をいただきにぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

関東の三大師!周辺観光も楽しんで/佐野厄除大師(栃木県佐野市)

関東の三大師の一つとして、厄除け・方位除けで有名なお寺です。大きな金の梵鐘(つりがね)がゴォ〜ンと鳴るテレビCMをご存知の方もいらっしゃるのでは? お正月には多くの参拝者でにぎわいます。車で行く場合は、無料駐車場が境内だけでなく周囲にも多数ありますので、公式サイトの案内図をご確認ください。お寺のすぐそばには「佐野市観光物産会館」が。名物の生ラーメンやお菓子、地酒、天明鋳物、さのまるグッズなど、佐野市のおみやげ品や観光パンフレットなどが充実していますよ。帰りに立ち寄って、ぜひ周辺散策を楽しんでみてはいかがでしょうか。
佐野厄除大師(惣宗寺 そうしゅうじ)
■所在地:栃木県佐野市金井上町春日岡山2233 ※アクセスはこちら
■問い合わせ:0283-22-5229
※詳細は『佐野厄除大師』公式サイト、『佐野市観光協会』公式サイトをご参照ください
栃木県のお出かけスポット天気

※写真はイメージです
※写真はイメージです


相模國一之宮!唯一の「八方除け」守護神/寒川神社(神奈川県高座郡)

相模國一之宮と称され、全国唯一の八方除けの守護神として約1600年の歴史をもつ神社です。古くは朝廷をはじめ、源頼朝、武田信玄、徳川家代々、さらには民間と幅広い信仰を受けてきました。「八方」とはあらゆる方角、つまり地相・家相・方位・日柄などに起因するすべての厄災から身を守る御神徳というわけですね! 歩く先への恐れがなくなり心晴れやかに毎日を過ごせることを願い、全国各地から崇敬者が集まります。新年には大太鼓を合図に、神門に飾り付けられた「迎春ねぶた」が点灯。屋台なども出て、お正月らしいにぎわいを楽しめますよ。
寒川(さむかわ)神社
■所在地:神奈川県高座郡寒川町宮山3916 ※アクセスはこちら
■問い合わせ:0467-75-0004
※詳細は『寒川神社』公式サイトをご参照ください
神奈川県のお出かけスポット天気

※写真はイメージです
※写真はイメージです

不動明王パワー!成田山の東京別院/深川不動堂(東京都江東区)

東京下町にある、成田山新勝寺(千葉県)の別院です。江戸時代に歌舞伎などの影響で「成田山の不動明王を拝観した〜い」という気運が江戸っ子の間で高まり、江戸にお招きしたのがこちらの始まりのようです。正面向かって左側にある本堂の外壁には、なんと梵字が書かれています! これはお不動様のご真言で、本堂内部は仏の力に守護された空間となっているのだとか。迫力ある護摩焚きがおこなわれ、境内ではさまざまな仏像を拝観できますよ。手軽に四国遍路を体験できる「四国八十八カ所巡拝所」や、「深川龍神」「開運出世稲荷」など、お参りスポットもいっぱいです。
 成田山 東京別院 深川不動堂(ふかがわふどうどう)
■所在地:東京都江東区富岡1-17-13 ※アクセスはこちら
■問い合わせ:03-3641-8288
※詳細は『成田山 東京別院 深川不動堂』公式サイトをご参照ください
東京都のお出かけスポット天気

※写真はイメージです
※写真はイメージです

芝生に和カフェ!ドッグランまで/千葉厄除け不動尊(千葉県東金市)

関東厄除け三不動の一つに数えられているお寺です。広々とした明るい敷地内には、和カフェやドッグランのある芝生広場まで! 小さいお子様のいるファミリーにも人気で、新年祈願大祭には大勢の初詣客でにぎわいます。一年を通して厄除け、厄払いの護摩祈願がおこなわれています。境内は病気平癒のとげぬき地蔵や縁結び大社など見どころが多く、すべての七福神が祀られているので、七福神巡りも楽しめますよ。
千葉厄除け不動尊 妙泉寺
■所在地:千葉県東金市山田1210 ※アクセスはこちら
■問い合わせ:0475-55-8588
※詳細は『千葉厄除け不動尊 妙泉寺』公式サイトをご参照ください
千葉県のお出かけスポット天気

いかがでしたか? 2020年が素敵な一年となりますように。「お出かけスポット天気」で、お近くの施設もぜひチェックしてみてくださいね。 本年もtenkiサプリをよろしくお願いいたします!
<注意事項>
■写真はイメージです
■営業日時・アクセス・料金など施設やイベントの詳細は、お出かけ前に公式サイトで最新の情報を必ずご確認ください

※写真はイメージです
※写真はイメージです