キャンプをするにはぴったりの気候&美味しいもので溢れる秋の季節。バーベキューやカレーといった定番のアウトドア料理も良いですが、せっかくならば旬の食材を取り入れた料理も楽しみたいものですよね。
秋の味覚は様々ありますが、その中でも「秋刀魚(さんま)」・「さつまいも」・「ナス」の3種類を使ったキャンプ飯のレシピをご紹介します。キャンプ飯のバリエーションを増やしたい方は是非参考にしてみて下さいね。

香り豊かな大人の味。『秋刀魚の香草焼き』

秋の味覚の代表格、秋刀魚。バジルやパセリなどの香草と一緒に焼くだけで普通の塩焼きとは違う、イタリアンな味わいに大変身します。オリーブオイルは気持ち多めに熱して(※大さじ4〜5が目安)揚げるように焼いていきましょう。
〜秋刀魚の香草焼きの作り方(4人前)〜
<材料>
・秋刀魚 4尾
・卵 1個
・パン粉 1カップ
・乾燥バジル、乾燥パセリ 各大さじ2
・レモン汁 小さじ2
・にんにく 2片
・塩胡椒、小麦粉 適量
・オリーブオイル 大さじ4〜5
<作り方>
(1)秋刀魚は三枚おろしにし、塩胡椒で下味をつけます。
(2)パン粉に乾燥バジル・乾燥パセリ・みじん切りのにんにく・レモン汁を混ぜ合わせておきます。
(3)1の秋刀魚に小麦粉⇒溶き卵⇒2のパン粉の順番で衣をまぶしていきます。
(4)フライパンにオリーブオイルを熱し、3の秋刀魚を両面こんがりと焼き色がつくまで加熱したら完成です。

お酒が進むイタリアン系秋刀魚レシピ。
お酒が進むイタリアン系秋刀魚レシピ。


ほくほく美味しい♪『さつまいもとツナマヨの炊き込みご飯』

甘じょっぱさが癖になる、さつまいもとツナマヨの炊き込みご飯のレシピです。余ったら牛乳やとろけるチーズと一緒に煮込んでリゾットとしてアレンジするのもおすすめですよ♪
〜さつまいもとツナマヨの炊き込みご飯の作り方〜
<材料>
・米 2合
・さつまいも 1本
・ツナ缶 1缶
・水 360ml
・醤油、料理酒 各大さじ1
・マヨネーズ 大さじ2
・塩胡椒 適量
<作り方>
(1)お米は研いだらザルに上げ、フライパンに移します。
(2)1のフライパンに水・醤油・料理酒を加え、さっと混ぜ合わせて30分程度浸水させます。
(3)ツナ缶は汁気を切り、マヨネーズを和えておきます。
(4)2のフライパンに1cm角に切ったさつまいも・3のツナマヨ・塩胡椒を加えます。
(5)4に蓋をし、強火にかけます。沸騰したら弱火に切り替え、15分間加熱します。
(6)15分経過したら強火にし、チリチリと音が聞こえ始めたら火を消して蓋をしたまま10分程度蒸らしたら完成です。

お好みで黒ごまを散らしてお召し上がり下さい。
お好みで黒ごまを散らしてお召し上がり下さい。

パーティー気分になれるおしゃれなナス料理。『ナスボート』

フォトジェニックな景色がいっぱいのキャンプ時間。料理の写真も映えるものが撮影出来たら尚嬉しいものですよね。見栄え抜群でSNSについUPしたくなる、ナスボートのレシピをご紹介します。
〜ナスボートの作り方〜
<材料>
・ナス 2本
・合い挽きミンチ 200g
・玉ねぎ 1/2個
・ケチャップ 大さじ3
・クミンパウダー 小さじ1/2
・塩胡椒、マヨネーズ、粉チーズ、粉パセリ 各適量
・オリーブオイル 大さじ1半
<作り方>
(1)ナスはヘタを取り除き、縦半分に切ったら中をスプーンでくり抜いて水にさらします。
(2)1でくり抜いた部分のナスは角切りに、玉ねぎはみじん切りにします。
(3)フライパンにオリーブオイル(大さじ1)を熱し、よく水気を切った1のナスボートを焼きます。
(4)ナスに火が通ったら一旦お皿に取り出し、同じフライパンにオリーブオイル(大さじ1/2)を追加します。
(5)フライパンに玉ねぎを加え、しんなりするまで炒めたら合い挽きミンチと2の角切りにしたナスを炒めていきます。
(6)全体に火が通ったらケチャップ・クミンパウダー・塩胡椒を加えて味を整えます。
(7)6の具材を4のナスボートに詰めていき、マヨネーズ・粉チーズ・粉パセリをトッピングして完成です。

見た目華やか!クミンの香りに食欲がそそられます。
見た目華やか!クミンの香りに食欲がそそられます。

旬の食材は旬でない時期に比べると栄養価が高く、身体にも良いと言われています。秋の味覚を使った栄養たっぷりのキャンプ飯と自然の美味しい空気でエネルギーチャージしちゃいましょう!
【参照】ベジデイ

みんなで協力しながら作る料理の味はきっと格別。
みんなで協力しながら作る料理の味はきっと格別。