神社やお寺には紅葉がよく似合いますね。今回は京都・大阪・奈良の神社仏閣から、4つの名所をご紹介します。いにしえの祈りにふれ、癒しやパワーをいただく紅葉狩りはいかがでしょうか。会いに行きたい紅葉を、じっくりリストアップしてみませんか♪
紅葉狩りには『tenki.jp 紅葉見ごろ情報』『tenki.jp お出かけスポット天気』の情報も、ぜひお役立てください。
※外出の際は、手洗い、咳エチケット等の感染対策や、『3つの密』の回避を心掛けましょう。
※新型コロナウイルス感染拡大の影響で外出の自粛を呼び掛けている自治体がある場合は、各自治体の指示に従いましょう。
※お出かけの際は、各施設、イベントの公式ホームページで最新の情報をご確認ください。

天神さまの総本社!茶菓つき「もみじ苑」で風流な紅葉狩り/北野天満宮(京都府京都市)

学問の神さま、菅原道真公をおまつりする全国の天満宮、天神社の総本社です。境内には豊臣秀吉公が築いた土塁「御土居(おどい)」の一部が残っていて、秋深まると樹齢350年から400年の古木をはじめとする約350本のもみじが色づきます。紙屋川にかかる朱塗りの太鼓橋「鶯橋」や、茶室の梅交軒に設けた舞台からの眺めは絶景! 「もみじ苑」の紅葉狩りは、利休の風流が味わえる茶菓子つきですよ。夜はライトアップされ、昼とは異なる幻想的な紅葉が楽しめます。
北野天満宮「史跡 御土居もみじ苑」
■所在地:京都府京都市上京区馬喰町
■問い合わせ:075-461-0005
■紅葉の種類:イロハモミジ、ハウチワカエデ、ノムラ、オオモミジ、イチギョウジ
※詳細は公式サイトをご参照ください

※写真はイメージです
※写真はイメージです


運気を癒す「勝運の寺」!夜間特別ライトアップで幻想の世界へ/勝尾寺(大阪府箕面市)

「勝運の寺」として、人生の一大事を控えた参拝者が全国から訪れるお寺です。境内には奉納されたたくさんの「勝ちダルマ」が! 秋は紅葉の名所となり、山門をくぐると眼前に、赤や緑や黄色の絶景が現れます。参道の頭上に広がるモミジのアーチ、観音池台地から多宝塔を見上げた風景など、まるで絵画のような錦秋スポットであふれています。また期間限定の特別ライトアップでは、心安らぐ幻想的・神秘的な紅葉の世界を体感できますよ。
勝尾寺(かつおうじ)
■所在地:大阪府箕面市粟生間谷2914-1
■問い合わせ:072-721-7010
■紅葉の種類:モミジ、イロハカエデ、イチョウ、ドウダンツツジ、サクラ
※詳細は公式サイトをご参照ください

※写真はイメージです
※写真はイメージです

南天の赤い実も色づく!カエデ3000本と木々が織りなす「錦の里」/正暦寺(奈良県奈良市)

古来より紅葉の名所として「錦の里」と呼ばれるお寺です。秋になると、3000本を超えるカエデが順番に色づいていきます。木々の緑と黄色や赤の紅葉があでやかに織り交ざり、錦のような美しさに! さらに1000株以上の南天が、かわいい赤い実で参道を彩りますよ。入口から本堂まで続くモミジのトンネル、本堂から眺める雄大な山の紅葉、そして福寿院から見渡す庭の景色はまさに絶景です。秋季に特別公開される秘仏「本尊薬師如来像」も、ぜひ拝観したいですね。
正暦寺(しょうりゃくじ)
■所在地:奈良県奈良市菩提山町157
■問い合わせ:0742-62-9569
■紅葉の種類:カエデ、キハダ、ケヤキ、クヌギ
※詳細は公式サイトをご参照ください

※写真はイメージです
※写真はイメージです

恋のパワースポット!貴重な社殿群と紅葉の美しいハーモニー/談山神社(奈良県桜井市)

藤原鎌足公を祀り、世界唯一の木造十三重塔がある神社です。「大化の改新」で蘇我入鹿を暗殺するために中大兄皇子と談合をしたことが社名の由来とされています。十三重塔をはじめとする重要文化財「社殿群」の壮麗な姿と紅葉が調和して、圧巻の美しさです! こちらは縁結びの神社でもあり、「恋の道」「むすびの岩座(いわくら)」「摂社・東殿 恋神社」など、風情あるパワースポットがいっぱい。夜間は紅葉のライトアップもおこなわれますよ。
談山(たんざん)神社
■所在地:奈良県桜井市多武峰319
■問い合わせ:0744-49-0001
■紅葉の種類:カエデ、サクラ、ドウダンツツジ
※詳細は公式サイトをご参照ください

近畿の紅葉絶景はいかがでしたか? お住まいの近くにある紅葉スポットも、ぜひチェックしてみてくださいね。

※写真はイメージです
※写真はイメージです