ランニングは季節を問わないスポーツなので、足元が悪くなければ、冬場でも続けることができます。ただ、冬は他の季節に比べて外気温が低いので、ランニングをするときはしっかり防寒することが大切です。
今回は、冬のランニングに適した服装選びのポイントや、ランニングを快適にするためのおすすめアイテム、冬のランニングで注意したいポイントについて解説します。

冬のランニングに適した服装のポイント

冬のランニングを快適に行うためには、ランニングする時間帯や気温に合わせて服装を選ぶのがポイントです。
ここでは、冬のランニングに適した服装のポイントをシーン別にご紹介します。
■1.陽の出ている日中にランニングする場合の服装
陽が出ているうちは、家を出た直後は寒さを感じたとしても、走っている間にあまり冷えは気にならなくなってきます。気温が10℃前後まである時は、トップスは長袖Tシャツ、ボトムスはショートパンツ+機能性タイツといった軽装でもOKです。
■2.朝晩や風のある時にランニングする場合の服装
朝晩や風の強い日のランニングでは、長袖Tシャツの上に防風性に長けたアウターを羽織るのがおすすめです。ランニング中は汗をかくので、アウターの下に着る長袖Tシャツは吸湿速乾性に長けたものを選ぶのがポイントです。ボトムスは足首まであるロングパンツを履き、足元の冷えを予防しましょう。
■3.気温0℃前後にランニングする場合の服装
気温が0℃前後まで下がる日は、よりしっかりした寒さ対策を行う必要があります。インナーには吸湿速乾に長けた半袖Tシャツ、その上に着用するミドルウェアは保温性・通気性に長けたスウェットを着用し、防風性のある厚手オンアウターを羽織れば、寒さとともに汗冷え対策にもなります。
ボトムスは朝晩の時と同じロングパンツでOKですが、冷えがつらいときは下に厚手のサポートタイツを履くのがおすすめです。


冬のランニングを快適にするおすすめアイテム

冬のランニングを快適にするのに役立つおすすめアイテムを4つご紹介します。
■1.ウインドシェル
ウインドシェルとは、防風性と軽量性を併せ持ったアウターのことです。登山やハイキングなどのミドルウェアにも重宝されるアイテムで、冷たい冬風をシャットアウトし、体を冷えから守ってくれます。多少の防水性も備わっていますので、小雨程度のランニングなら体も濡れずに済みます。
■2.吸湿速乾インナー
外気が冷たくても、ランニングをしているとだんだん体が温まり、大量の汗をかきます。綿素材のインナーだと汗を吸ってもなかなか乾かず、汗冷えを起こす原因になりますので、吸湿速乾性に長けたインナーは必須です。長袖Tシャツ一枚のときや、薄手のウインドシェルを着用するときは長袖インナーがおすすめですが、厚手のウインドシェルやスウェットを重ね着するときは半袖インナーでもOKです。
■3.ネックゲイター
ネックゲイターとは、頭からすっぽりかぶって首回りをカバーするアイテムのことです。主に防寒用に用いられるネックウォーマーに比べると、ネックゲイターはより機能性が高く、吸湿速乾性やUVカット、伸縮性などに長けています。首だけでなく鼻や口など顔の下半分をカバーできるタイプが多いため、冬のランニング中の顔の冷え対策に役立ちます。
■4.グローブ
ランニング中は風を切って走るため、どうしてもむき出しになった手が冷えやすくなります。そんなときは、ランニング用のグローブを着用するのがおすすめ。普通の手袋でも代用できますが、ランニング用のグローブは薄手なのに保温性が高く、かつ撥水性や防風性、速乾性などに長けているため、より快適にランニングしたい方にぴったりです。走っている途中でスマホを操作したい場合は、指先に特殊素材を使用したグローブを選べば、手袋をしたままタッチパネルを操作できます。

冬のランニングで気をつけるべきこと

冬にランニングを行うときは、他の季節に比べていくつか注意しなければならないポイントがあります。
特に初めて冬場のランニングにチャレンジする方は、以下2つの点に注意して走り始めましょう。
■1.ウォーミングアップを忘れずに行う
気温が低い冬場は筋肉も冷えて固まっている状態なので、いきなり走り始めると体を痛める可能性があります。まずは体を動的ストレッチ(反動を利用してリズミカルに行うストレッチ)で動かし、しっかりウォーミングアップしてから走り始めるようにしましょう。
■2.こまめに水分補給をする
冬のランニングは、夏に比べると熱中症のリスクはさほど高くありませんが、走っている間はわりと汗をかきますし、目や口などの粘膜や呼気からも少量ずつ水分が失われていきます。喉の渇きを感じないからといって水分補給を怠ると、脱水症状を引き起こす原因になりますので、走る前にコップ1杯程度の水を飲んでおきましょう。ある程度の距離を走る場合は、ペットボトルの水やスポーツドリンクを携帯し、走っている途中でこまめに水分補給を行いましょう。

冬のランニングは防寒と汗対策をしっかり行おう

冬にランニングするときの服装は、走る時間帯や気温に合わせて調節する必要があります。陽が出ている間は長袖Tシャツにハーフパンツやショートパンツ+タイツでも十分ですが、冷え込みの強い朝晩や風の強い日は、防風性のあるウインドシェルやロングパンツなどでしっかり防寒する必要があります。
さらに気温が低いときは、ボトムスの下にタイツを履いたり、ウインドシェルを厚手のものにしたりして、より防寒を徹底するのがポイントです。一方で、冬場でもランニング中は汗をかくので、吸湿速乾性に優れたインナーを着用し、汗冷えを防ぐことも大切です。
ランニング中の服装選びに迷ったら、天気予報専門メディア「tenki.jp」の服装指数を参考にしてみましょう。その日の予想気温に合わせて、朝・昼・夜の時間帯ごとに最適な服装を提案してくれるので、どんなランニングウエアを着用するか考えるときに便利です。服装指数は10日先まで公開されていますので、冬のランニングにチャレンジするときはぜひご活用ください。