ゴルフ初心者でも、最低限のルールを覚えておくべきだと言われています。ゴルフには公式ルールがありますが、ローカルルールというものがあることをご存知でしょうか。

ゴルフの基本ルールは公式ルールに則っていますが、ローカルルールのことも頭に入れておきましょう。
今回はローカルルールの概要や代表的なローカルルールなどについて解説します。

ゴルフのローカルルールとは?

ゴルフのローカルルールは、ゴルフ場やコンペの委員会や幹事などによって、独自に決められたルールのことです。
ゴルフには日本ゴルフ協会(JGA)が定めた公式ルール(ジェネラルルール)がありますが、この公式ルールの方針に則ったものであれば、ローカルルールを設定していいことになっています。


代表的なローカルルールの内容

ローカルルールは独自のルールなので、ゴルフ場ごと、コンペごとにさまざまなルールが設定されます。そのため、そのコースだけ、そのコンペだけのローカルルールも多いです。全てのローカルルールを把握することはできませんが、代表的なものを紹介しますので、頭に入れておきましょう。

■プレーイング4
プレーイング4は、前進4打とも言われるローカルルールです。ティーショットでミスしてOBになった時や、ロストボールになった時に適用されます。プレーイング4の設定がある場合は、コース前方にティーが特設されており、そこから4打目として、プレー続行できる仕組みです。

テクニックが必要なコースや、初心者には難しい形状のコースなどに設置されていることが多く、スロープレーを防止する目的があります。

■プレーイング3
プレーイング3は前進3打とも言われるローカルルールで、基本的な考え方はプレーイング4と同じです。プレーイング3の場合は、前方にある特設のティーから3打目としてプレーを続行できます。

■プレーイング2
ティーショットでOBやロストボールしてしまった時に、その場所から2ペナルティを受けてプレーが続行できるローカルルールです。このルールがなければ、ティーショットが微妙な時に暫定球を打つ必要がありましたが、プレーイング2を適用すれば暫定球を打たなくてよくなります。

■ワンペナルティ
打ったボールが隣のホールに入ってしまった場合、本来のルールでは隣のホールから打ちます。ローカルルールでワンペナルティがあると、隣のホールとの境目から2クラブレングスでボールをドロップして、1ペナルティを受けた状態でのプレーの続行が可能です。ワンペナルティはワンペナとも呼ばれます。

■6インチ・プレース
ボールが着地した場所に障害物があったり、傾斜があったりしてボールが打ちにくい場合に適用されるローカルルールです。6インチ・プレースがローカルルールとして設定されているのであれば、打ちにくい場所から6インチ以内の場所なら好きな場所にボールを移動できます。初心者とベテランが一緒に回る社内コンペなどで適用されることが多いです。

■ギブアップ
規定打数の3倍のスコアで、そのホールを終了できるルールです。プレーヤーは必ずギブアップを宣言する必要があります。パー3の場合で9打、パー4の場合で12打、パー5の場合で15打がギブアップ時のスコアになりますが、すでにその打数以上を打っている場合は、不正になることもあるので、見極めのタイミングが重要です。

■OKパット
パッティングでカップに入らなくても、カップから近い場合は次のターンでカップインすることを見越して実際に打たなくてもホールアウトできます。OKパットが認められるボールとカップの距離は1グリップで、30センチ程度です。

プレーをスタートする前にローカルルールを確認しておこう

今回紹介したように代表的なローカルルールもありますが、コースごと、コンペごとに設定されているローカルルールは違います。ラウンドする前に、必ずどんなローカルルールが決められているのか確認してください。

特に参加者のレベルの差があるコンペではオリジナリティのあるルールを設定して、誰もが楽しめるようにしているケースもあるので、必ずどんなルールが設定されているか確認しましょう。

ローカルルールを活用すればスロープレーが防げる

ローカルルールはさまざまなものがありますが、スロープレーを防止する目的で設定されているものも多いです。スロープレーが予測される時は、ローカルルールを活用して、周りも自分たちも快適にプレーできるゴルフをしましょう。ゴルフコースによってはローカルルールが適用できないこともあるので、必ず事前の確認が必要です。

次のラウンドをするゴルフ場が決まったら、当日の天気も気になるでしょう。tenki.jpの全国のゴルフ場の天気なら、ゴルフ場の天気予報が一目でわかります。1時間ごと、3時間ごとでも天気の変化がチェックできるので、当日のラウンド中にも活用してください。