キャンプ場に降る雨は、感じる心を透明な膜で包みこんで、内側へと向かわせてくれるようです。自然の中でただ自分の音を聴く…それはとても贅沢な時間かもしれませんね!
今回は関東・甲信エリアから、コテージやキャビンなどの宿泊施設がある4つのキャンプ場をご紹介します。アウトドアに不慣れでも、屋根があるから安心♪ 雨の日ならではの非日常をたっぷり楽しんでみてはいかがでしょうか?

キャンプの計画には『tenki.jp キャンプ場の天気』『tenki.jp お出かけスポット天気』も、ぜひご活用ください。

※外出の際は、手洗い、咳エチケット等の感染対策や、『3つの密』の回避を心掛けましょう。
※新型コロナウイルス感染拡大の影響で外出の自粛を呼び掛けている自治体がある場合は、各自治体の指示に従いましょう。
※お出かけの際は、各施設の公式ホームページで最新の情報をご確認ください。

白樺と水辺の癒し♪雨でも快適なキャンプが楽しめる/駒出池キャンプ場(長野県南佐久郡)

白樺林に囲まれた、長野県佐久穂町にあるキャンプ場です。「駒出池(こまでいけ)」は、水鏡に映しだされる空や木々が美しいことで知られています。場内には自然の地形を活かしたオートサイト、フリーサイトのほか、コテージやバンガロー、屋根付きの日帰りBBQサイトもあります。夜の静かな環境も魅力です。
川のほとりにたたずむコテージは、トイレ、シャワー、キッチンもついて手ぶらでOK! 広いウッドデッキでは、雨の日も安心してお茶やバーベキューが楽しめますよ。

駒出池キャンプ場
■所在地:長野県南佐久郡佐久穂町八郡2049-856 ※アクセスはこちら
■問い合わせ:0267-88-2569
※詳細は公式サイトをご参照ください

※写真はイメージです
※写真はイメージです


釣り堀や遊具も♪ファミリーで満喫できる/メープル那須高原キャンプグランド(栃木県那須郡)

那須高原の中腹に位置する、ファミリーに人気のキャンプ場です。四季を楽しめるコナラの雑木林の中、緩い傾斜地と小さな沢を活かした開放感あふれるサイトになっています。食材とタオルだけ持参して貸別荘の気分で楽しめるログコテージや、開放感たっぷりの快適なログキャビンなど、宿泊施設も充実しています。
場内にはこどもも楽しめるレジャーがいっぱい! 釣り堀でニジマス釣りに挑戦するのもおすすめです。また、水遊びできる池、滑り台などの遊具や芝生広場もあり、家族みんなでアウトドアを満喫できますよ。

メープル那須高原キャンプグランド
■所在地:栃木県那須郡那須町高久乙2333-130 ※アクセスはこちら
■問い合わせ:0287-78-8101
※詳細は公式サイトをご参照ください

※写真はイメージです
※写真はイメージです

2人で過ごせるトレーラーハウスも♪多彩・充実の宿泊施設/PICA八ヶ岳明野(山梨県北杜市)

山梨県の標高1000mの大地に広がるキャンプ場です。テントサイトのほか、自然に溶け込むコテージなどの宿泊施設もあり、アウトドア初心者も安心して滞在できます。
コテージやトレーラーハウスは、手ぶらで楽しめるほど設備が充実しています。こどもと焚火で遊びたい、アウトドアクッキングに挑戦したい、とにかくのんびり過ごしたい。2人きりで、いつもと違う特別な場所で、いつもとは違う景色を見て違うごはんを食べてみたい。愛犬と泊まって一緒に楽しみたい。思いがかなうキャンプスタイルが、きっと見つかりますよ。

PICA八ヶ岳明野(ぴかやつがたけあけの)
■所在地:山梨県北杜市明野町浅尾5260-5 ※アクセスはこちら
■問い合わせ:0551-25-4451
※詳細は公式サイトをご参照ください

※写真はイメージです
※写真はイメージです

泊まれるキノコも登場♪火のある日常を楽しもう/北軽井沢スウィートグラス (群馬県吾妻郡)

浅間山を望むロケーション抜群のキャンプ場です。広大な敷地には多彩なテントサイトのほか、個性豊かなコテージやキャビンがそろいます。レンタルや売店が充実しているので、手ぶらでも安心ですよ。
コテージはまるで友人宅のような居心地のよさ。最大の贅沢は、薪ストーブや石窯で「火のある日常」が楽しめること! また、ハンモックキャビンでゆらゆらしながらごはんを食べたり、キノコみたいなツリーハウスに泊まったり。天候を気にせず、大人もワクワク過ごしましょう。

北軽井沢スウィートグラス
■所在地:群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-579 ※アクセスはこちら
■問い合わせ:0279-84-2512
※詳細は公式サイトをご参照ください


日本各地には魅力的なキャンプ場がたくさんあります! これまでキャンプ未経験の方も、この機会にぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか。

※写真はイメージです
※写真はイメージです