夏はキャンプで大自然を感じてみませんか? 今回は、美しい景観が魅力の東北地方から4つのキャンプ場をご紹介します。涼やかな空気に包まれた高原。施設が充実しているので、キャンプ道具を持っていない初心者の方やファミリーにもおすすめです。遊んだあとはお風呂でリフレッシュ、晴れた夜には満天の星が楽しめます! 東北の大自然を満喫してみてはいかがでしょうか。

キャンプの計画には『tenki.jp キャンプ場の天気』『tenki.jp お出かけスポット天気』も、ぜひご活用ください。

※外出の際は、手洗い、咳エチケット等の感染対策や、『3つの密』の回避を心掛けましょう。
※新型コロナウイルス感染拡大の影響で外出の自粛を呼び掛けている自治体がある場合は、各自治体の指示に従いましょう。
※お出かけの際は、各施設の公式ホームページで最新の情報をご確認ください。

森林浴、温泉、地発泡酒も!広々と眺めの良いサイトが魅力/吹上高原キャンプ場(宮城県大崎市)

宮城県の鳴子温泉郷のひとつ「鬼首(おにこうべ)」温泉にあるキャンプ場です。雄大な大自然に囲まれた芝生のフリーサイトは、広々と眺めが良く、晴れた夜は満天の星が楽しめます。車両の乗り入れもOK! ペットと一緒にキャンプを楽しめるエリアもありますよ。
設備が整っていてレンタル用品も充実しているので、長期滞在にもおすすめです。隣接する日帰り温泉施設「すぱ鬼首の湯」は、開放的な露天風呂が魅力。またレストランでは、地発泡酒「鳴子の風」を堪能できます。バーベキューと一緒にぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

吹上高原キャンプ場
■所在地:宮城県大崎市鳴子温泉鬼首本宮原23-89 ※アクセスはこちら
■問い合わせ:0229-86-2493
※詳細は公式サイトをご参照ください

◆宮城県のキャンプ場情報◆

※写真はイメージです
※写真はイメージです


渓流釣りなどの遊びが充実!ツリーハウスにも泊まれる/鳥海高原家族旅行村(山形県酒田市)

標高500mの鳥海(ちょうかい)高原にある、家族で楽しむのにぴったりのキャンプ場です。北に鳥海山、南に庄内平野を望む絶好のロケーション! 爽やかな高原でさまざまなアウトドア体験ができます。
テントサイトのほか、ケビンや高床タイプのツリーハウスも。野外でバーベキューを楽しみながら宿泊を満喫してみてはいかがでしょうか。売店ではドリンク類やアイス、BBQに必要な炭なども販売しています。広大な芝生でのグラウンド・ゴルフ、また渓流釣りなどの遊びも充実していますよ。晴れた夜は、芝生のキャンプ場から素晴らしい星空が楽しめます。

鳥海高原家族旅行村
■所在地:山形県酒田市草津湯ノ台149 ※アクセスはこちら
■問い合わせ:0234-64-4111
※詳細は公式サイトをご参照ください

◆山形県のキャンプ場情報◆

※写真はイメージです
※写真はイメージです

憧れのスタイルを手ぶらで!大自然を楽しむ充実の設備/休暇村裏磐梯キャンプ場(福島県耶麻郡)

緑豊かな森と大小の湖沼が点在する、裏磐梯高原にあるキャンプ場です。磐梯山のすそ野に約50ヘクタールの広大なサイトが広がり、場内には小川が流れます。サイクリング・カヌー・トレッキング・登山など、大自然に囲まれて豊富なアクティビティが楽しめますよ。
「手ぶらでキャンププラン」を利用すれば、憧れのスタイルで気軽にキャンプができます! フォトジェニックな女子キャンプを実現してみたり、大自然に溶け込んでこだわりのアイテムを体験したり、リゾートしながら仕事をしてみたり。晴れた夜は温泉「こがねの湯」で、星空を眺めながら露天風呂などいかがですか。

休暇村裏磐梯キャンプ場
■所在地:福島県耶麻郡北塩原村桧原 ※アクセスはこちら
■問い合わせ:0241-32-2421
※詳細は公式サイトをご参照ください

◆福島県のキャンプ場情報◆

※写真はイメージです
※写真はイメージです

宮沢賢治の愛した空や風!レストランや薬草風呂もうれしい/種山高原星座の森(岩手県奥州市)

岩手県奥州市の種山高原に広がるキャンプ場です。フリーサイトや快適なコテージ、ミニドッグランもありますよ。広い空を仰ぎ見る「風の又三郎」の像。この高原の風景と気象に魅せられた宮沢賢治が、この地を何度も訪れては多くの作品を残したことでも知られています。
場内のレストラン『献立の少ない料理店』のメニューにあるのは「よだかの星」「やまなし」「クラムボン」等々…さてさてどんなお料理なのでしょう!? 思いっきり遊んだ後は「薬草風呂」でリフレッシュ。そして晴れた日は、名前の通り星座いっぱいの夜空が待っています!

種山高原星座の森
■所在地:岩手県奥州市江刺米里字大畑66-21 ※アクセスはこちら
■問い合わせ:0197-38-2366
※詳細は公式サイトをご参照ください

◆岩手県のキャンプ場情報◆


日本各地には魅力的なキャンプ場がたくさんあります。これまでキャンプ未経験の方も、この機会にアウトドアを楽しんでみてはいかがでしょうか。

※写真はイメージです
※写真はイメージです