アウトドアといえば、キャンプを思い浮かべる人も多いですよね。最近はソロキャンプなどを趣味でやっている方も多く、空前のキャンプブームといっても過言ではありません。ということで今回は【真夏のデイキャンプ企画】と銘打って、キャスターの岸本慎太郎と春木優杏がデイキャンプに行ってきました。

車内での会話〜2人のキャンプ経験は・・・?

デイキャンプと言えどキャンプの経験や知識がないと大変そうなイメージですが、今回の2人はどうなのでしょうか。キャンプ場に向かう車の中ではお互いのキャンプ経験の話に。
春木キャスターは高校生の頃北海道にキャンプにいった経験はあるそう。でもそれ以来ほとんどやっていないので経験はほぼないとのことでした。一方岸本キャスターはというと、なんとキャンプ経験0(ゼロ)。キャンプどころかバーベキューなどもあまりやらないので、当日まで不安そうでした。もちろん事前にいろいろと調べていましたが、キャンプ経験がほとんどない2人で大丈夫なのでしょうか・・・?


真夏のキャンプには絶対欠かせない!暑さ対策グッズ

この日は最高気温34℃という、室内でも冷房が効きづらいほどの暑さでした。こんな日には熱中症対策が欠かせない、ということで話題は熱中症対策に。
岸本キャスターが持ってきたのはネックファン。ネックファンはハンディファンとは違って手がふさがらないので、テントを立てたり料理を作ったりするキャンプにはぴったりなはずとのこと。
春木キャスターは濡らして使う冷感タオルを持参。フード状になっていて、頭から被れば日差しもよけられるというものだそう。最近熱中症になりかけてしまったという春木キャスターは、その時に食べて少し体調が回復したという塩分補給用のタブレットも持ってきて、スタッフにも配ってくれました。
暑さや日差しを避けて風通しの良い場所で過ごすことと、水分・塩分をこまめに摂ることが熱中症対策の要です!

山の天気は変わりやすい。そこで・・・tenki.jpキャンプ天気アプリ

この時期は戻り梅雨で曇りや雨の日も多かったのですが、キャンプ当日は見事に晴れました!今回、tenki.jpキャンプ天気アプリで事前に天気を調べてスケジュールを立てたので、雨に降られずにキャンプを楽しむことができたと得意げな2人。
tenki.jpキャンプ天気アプリは、登録されているキャンプ場ごとに、周辺のお天気を2週間先まで確認することができます。他にも持ち物のチェックリストを作ったり、キャンプのスケジュールを登録してリマインダーとして使ったりもできる優れもの。「初心者でもキャンプを安全に楽しみたい!」そんな皆さんもキャンプに行く際はぜひダウンロードして使ってみてください!


動画解説:岸本 慎太郎、春木 優杏