(左から)フェデラーとチリッチ
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は16日、男子シングルス決勝戦が行われ、第3シードのR・フェデラー(スイス)が第7シードのM・チリッチ(クロアチア)を6-3, 6-1, 6-4のストレートで破り、2012年以来5年ぶり、さらにウィンブルドン男子で史上最多8度目の優勝を果たした。

>>フェデラーvsチリッチ 1ポイント速報<<

>>ウィンブルドン対戦表<<

両者は今回が8度目の対戦で、フェデラーの6勝1敗。直近の対戦は昨年のウィンブルドン準々決勝で、このときはフェデラーが2セットダウンから逆転勝利を飾った。

史上最多8度目の優勝を狙うフェデラーは今大会、1回戦でA・ドルゴポロフ(ウクライナ)、2回戦でD・ラヨビッチ(セルビア)、3回戦で第27シードのM・ズベレフ(ドイツ)、4回戦で第13シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)、準々決勝で第6シードのM・ラオニッチ(カナダ)、準決勝で第11シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)に勝利し、1セットも落とすことなく決勝進出を決めた。

一方、2002年のL・ヒューイット(オーストラリア)以来15年ぶりとなるBIG4以外のウィンブルドン制覇を狙うチリッチは、1回戦でP・コールシュライバー(ドイツ)、2回戦でF・マイヤー(ドイツ)、3回戦で第26シードのS・ジョンソン(アメリカ)、4回戦で第18シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)、準々決勝で第16シードのG・ミュラー(ルクセンブルグ)、準決勝で第24シードのS・クエリー(アメリカ)を下しての勝ち上がり。