(左から)ムグルサとナダル
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスで世界ランク2位のR・ナダル(スペイン)は15日、自身のツイッターを更新し、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)初優勝を飾った同胞のG・ムグルサ(スペイン)を「おめでとう。スペインテニスにおける大成功」と祝福した。

>>フェデラーvsチリッチ 1ポイント速報<<

>>ウィンブルドン対戦表<<

ウィンブルドンに第15シードで出場したムグルサは、第1シードのA・ケルバー(ドイツ)や第7シードのS・クズネツォワ(ロシア)らを破って2年ぶりに決勝に進出。

決勝では、過去5度の優勝を誇る37歳のV・ウィリアムズ(アメリカ)を7-5, 6-0のストレートで下し、2016年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)に次ぐグランドスラム2度目の優勝を飾った。

ナダル自身は、第4シードでウィンブルドンに出場し、1セットも落とすことなく3年ぶりにベスト16に進出。4回戦では第16シードのG・ミュラー(ルクセンブルグ)と4時間半に及ぶ死闘を演じたが、3-6, 4-6, 6-3, 6-4, 13-15のフルセットで敗れていた。

また、同じく同胞のF・ベルダスコ(スペイン)も自身のツイッターで「とても素晴らしい。おめでとう」と称賛した。