惜しくも準優勝となったチリッチ
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は16日、男子シングルス決勝戦が行われ、第3シードのR・フェデラー(スイス)に3-6, 1-6, 4-6のストレートで敗れるも準優勝を飾った第7シードのM・チリッチ(クロアチア)は、表彰式のスピーチで「今日は厳しい試合だった。全力を尽くした。またここに戻ってきて、優勝を目指したい」と語った。

>>ウィンブルドン対戦表<<

「諦めた試合は1つもない。ベストを尽くした。僕に出来るのは、それだけ」

決勝戦、チリッチは198センチの身長を活かしたファーストサービスを60パーセントの確率で入れるも、フェデラーにトータルで5度のブレークを許した。

第2セットの第3ゲーム終了後には、ベンチへ戻った際にトレーナーとドクターを呼び、涙を流しながら痛みを訴える場面もあった。その状況でフェデラーに果敢に攻め続けたが、1時間41分で敗れた。会場からはチリッチの戦う姿に惜しみない拍手がおくられた。

クロアチア人では2001年のG・イバニセビッチ(クロアチア)以来16年ぶりのウィンブルドン優勝とはならなかったチリッチは「素晴らしい試合の数々だった。最高の時間を過ごした。チームの皆に感謝している。いつも支えてくれた。ありがとう」と述べた。

28歳のチリッチは2014年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)決勝で錦織圭を下し、グランドスラム初優勝を果たした。

今大会は、1回戦でP・コールシュライバー(ドイツ)、2回戦でF・マイヤー(ドイツ)、3回戦で第26シードのS・ジョンソン(アメリカ)、4回戦で第18シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)、準々決勝で第16シードのG・ミュラー(ルクセンブルグ)、準決勝で第24シードのS・クエリー(アメリカ)を下し、四大大会2度目の決勝の舞台へ駒を進めていた。