世界ランク1位のプリスコバ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスの17日付WTA世界ランキングが発表され、A・ケルバー(ドイツ)が1,060ポイント落としたことにより、Ka・プリスコバ(チェコ共和国)が前回から2つ上げて初の世界ランク1位に浮上した。女子プロテニス協会のWTA史上では23人目のナンバー1プレーヤーとなる。

ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)準々決勝でS・ハレプ(ルーマニア)がJ・コンタ(英国)に敗れた時点で、プリスコバが1位になることが確定。

現在25歳のプリスコバは、2009年にプロ転向を果たし、ツアー9大会で優勝を飾っている。これまでの通算戦績は410勝241敗。

今シーズンは、ブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、WTAプレミア)、カタール・トータル・オープン(カタール/ドーハ、ハード、WTAプレミア)、AEGON国際(イギリス/イーストボーン、芝、WTAプレミア)の3大会でタイトルを獲得するなど好調をキープしていたが、第3シードで臨んだウィンブルドンでは2回戦で敗れていた。

その他のトップ10では、ウィンブルドンで大会初の優勝を飾ったG・ムグルサ(スペイン)が10つ上げて5位に、ベスト4進出のJ・コンタは3つ上げて自己最高の4位に浮上した。

■1位[ +2 ]…Ka・プリスコバ
6,855ポイント(6,855ポイント)

■2位[ - ]…S・ハレプ
6,670ポイント(6,920ポイント)

■3位[ -2 ]…A・ケルバー
5,975ポイント(7,035ポイント)

■4位[ +3 ]…J・コンタ
5,110ポイント(4,400ポイント)

■5位[ +10 ]…G・ムグルサ
4,990ポイント(3,060ポイント)

■6位[ -1 ]…E・スイトリナ(ウクライナ)
4,935ポイント(4,765ポイント)

■7位[ -1 ]…C・ウォズニアッキ(デンマーク)
4,780ポイント(4,550ポイント)

■8位[ - ]…S・クズネツォワ(ロシア)
4,500ポイント(4,310ポイント)

■9位[ +2 ]…V・ウィリアムズ(アメリカ)
4,461ポイント(3,941ポイント)

■10位[ - ]…A・ラドワンスカ(ポーランド)
3,985ポイント(3,985ポイント)