ウィンブルドン時のシモン
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのクロアチア・ウマグ・オープン(クロアチア/ウマグ、レッドクレー、ATP250)は17日、シングルス1回戦が行われ、第5シードのG・シモン(フランス)は世界ランク105位のM・チェッキナート(イタリア)に1-6, 6-3, 1-6のフルセットで敗れ、初戦敗退となった。

この試合、第1セットを落としたシモンは続く第2セットで2度のブレークに成功。セットカウント1−1に持ち込むも、ファイナルセットではわずか1ゲームしか取れず、1時間38分で敗れた。

現在32歳のシモンはキャリア通算12勝を誇り、世界ランキングでは2009年1月に記録した6位が最高位。

しかし、2015年のオープン13(フランス/マルセイユ、ハード、ATP250)以降、ツアー優勝から遠ざかっており、現在は世界ランクも36位まで落としている。

先日まで行われていたウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)では2回戦でD・ティエムに敗れた。

一方、勝利したチェッキナートは続く2回戦でI・ドディグ(クロアチア)と対戦する。

今大会のシード勢は第1シードがD・ゴファン(ベルギー)、第2シードがG・モンフィス(フランス)、第3シードがF・フォニーニ(イタリア)、第4シードがP・ロレンジ(イタリア)、第5シードがシモン、第6シードがB・チョリッチ(クロアチア)、第7シードがB・ペール(フランス)、第8シードがJ・ヴェセリ(チェコ共和国)。