慶應チャレンジャー時の伊藤竜馬
画像提供:tennis365.net

男子テニスの下部大会であるガティノー・チャレンジャー(カナダ/ガティノー、ハード、ATPチャレンジャー)は17日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク170位の伊藤竜馬は同212位のY・バンブリ(インド)に3-6, 2-6のストレートで敗れ、2回戦進出とはならなかった。

この日、ファーストサービスの確率が47パーセントと精彩を欠いた伊藤は、5度のブレークを許して1時間24分で敗れた。

29歳の伊藤は今季、下部大会のかしわ国際オープンテニストーナメント(千葉県柏市/吉田記念テニス研修センター、ハード)でタイトルを獲得し、2017サンタイジ・チャレンジャー(台湾/台北、ハード 、ATPチャレンジャー)で準優勝を飾った。

前週まで行われていたウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)では、予選決勝でS・スタコフスキ(ウクライナ)にフルセットで敗れた。

今大会、日本勢では伊藤の他に第4シードの添田豪、内山靖崇、守屋宏紀の3選手が出場している。