ウィンブルドン時のルブレフ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのクロアチア・ウマグ・オープン(クロアチア/ウマグ、レッドクレー、ATP250)は18日、シングルス1回戦が行われ、ラッキールーザーで出場の19歳 A・ルブレフ(ロシア)が世界ランク78位のC・ベルロク(アルゼンチン)を6-2, 6-4のストレートで下し、初戦突破を果たした。

この日、第6シードのB・チョリッチ(クロアチア)が怪我により棄権したため、ルブレフがラッキールーザーで本戦入りとなった。

ルブレフは、ファーストサービスが入った時に74パーセントの確率でポイントを獲得してベルロクに1度しかブレークを許さず、自身は4度のブレークに成功。1時間16分で勝利を手にした。

2回戦では、A・マーティン(スロバキア)と対戦する。マーティンは、同日の1回戦でD・イストミン(ウズベキスタン)を下しての勝ち上がり。

世界ランク74位のルブレフは、2015年のバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、クレー、ATP500)で予選を勝ち抜き、当時17歳ながら本戦1回戦で元世界ランク7位のF・ベルダスコ(スペイン)をストレートで破る大金星をあげて注目を集めた。

先日まで行われていたウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)では予選3戦を勝ち上がって初の本戦入りを果たし、本戦1回戦でS・トラヴァーリア(イタリア)を破って初戦を突破した。17日に発表された世界ランキングでは、自己最高位の74位を記録した。