全米OPに向け意気込みを語った錦織
画像提供:tennis365.net

株式会社LIXILは19日、都内で記者会見を行い、男子テニスで世界ランク8位の錦織圭が公式アンバサダーに就任した。会見で錦織は8月開幕の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)について「体調は全く問題ない。しっかり準備していきたいと思います」と意気込みを語った。

先日まで行われていたウィンブルドン(イギリス/ロンドン、 芝、グランドスラム)3回戦でR・バウティスタ=アグ(スペイン)に敗れた錦織は「少し日本に帰ってきて、練習だったり、リラックスして過ごしてます」と次の試合へ準備を進めている様子。

2014年の全米オープンで四大大会初の決勝進出を果たし、決勝で敗れるも準優勝。昨年はベスト4進出と、同大会では結果を残している。

「これからアメリカに帰って、ワシントンから(ハードコートシーズンが)始まる」と話した錦織は今後、7月31日に開幕するシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)に出場予定。