ウィンブルドン時のドルゴポロフ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのスキースター・スウェーデン・オープン(スウェーデン/バスタード、レッドクレー、ATP250)は18日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク89位のA・ドルゴポロフ(ウクライナ)が予選勝者のL・メイヤー(アルゼンチン)を6-3, 6-2のストレートで下して初の2回戦進出を果たし、2006年にプロ転向してからツアー通算200勝を達成した。

この日、5本のサービスエースを放ったドルゴポロフは、メイヤーに1度もブレークを許さず1時間1分で勝利を手にした。

2回戦では、第9シードのH・セバリョス(アルゼンチン)と対戦する。セバリョスは、1回戦で世界ランク51位のN・バシラシヴィリ(グルジア)をストレートで下しての勝ち上がり。

28歳のドルゴポロフは、これまでツアー3大会で優勝を飾っており、2012年に世界ランキングで自己最高の13位を記録した。2011年には、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、 グランドスラム)でベスト8、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)でベスト16進出を果たした。

今シーズンは、アルゼンチン・オープン(アルゼンチン/ブエノスアイレス、レッドクレー、 ATP250)決勝で錦織圭を破ってタイトルを獲得。直前のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)ではR・フェデラー(スイス)との1回戦を途中棄権していた。