サプライズ登場した錦織圭
画像提供:tennis365.net

男子テニスで世界ランク8位の錦織圭は19日、LIXILが主催する「LIXIL 錦織チャレンジ」〜ユニバーサルテニス体験〜にサプライズ登場し、ラリー練習や試合形式などで子供たちと触れ合った。

この日、車いすテニスプレイヤーの船水梓緒里(しおり)をスペシャルコーチとして迎え、小学生24名がイベントに参加。

このイベントは、一般的なテニス体験に加え、車いすテニスで使用する競技用車いすの体験を行うことで、年齢、障がいの有無など関係なく、互いを理解し合い、尊重し合うことの大切さを子供たちが考えるきっかけ作りにしたいというLIXILの考えから生生まれた。

子供たちは、船水のアドバイスを受けながら競技用の車いすを体験。使ったことのない車いすに乗って操作することの難しさ、車いすに乗りながらテニスをする大変さを体感していた。

さらに、もう1人コーチを呼ぶとのアナウンスで錦織が登場。錦織のサプライズ登場に子供たちは驚きを隠しきれない様子だった。

その後は錦織、船水と子供たちでテニスを体験。練習では錦織とハイタッチしたり、直接教えてもらったりと子供たちにとっては夢のような時間を過ごし、錦織も「ナイスショット!」「ハイタッチ!」「上手いねー!」など、声をかけながら楽しんでいた。








また、錦織の得意技である「エアケイ」と「股抜きショット」を披露したり、錦織と船水の洗練されたラリーを間近で見たり、両選手がそれぞれ小学生とペアを組んでエキシビションラリーをするなど、子供たちは大いに盛り上がった。








男子車いすテニスで元世界ランク1位の国枝慎吾と交流がある錦織は、船水とのラリー中に「座りながらプレーするのって、自分が思ってる何十倍も大変。僕らは走って動けるけど、車いすテニスはボールを打つにもやることがいっぱいある」と話していた。

最後に、錦織は「楽しかったですね。みんな上手かった。彼女(船水)もこれからトレーニングなり練習なり大変だと思うけど、ナンバーワン目指して頑張ってください。みんなも大きな夢を持って頑張ってください!」と、子供たちと船水へエールを送っていた。





錦織は今後、7月31日に開幕するシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)に出場予定。