全仏OP時のゴファン
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのクロアチア・ウマグ・オープン(クロアチア/ウマグ、レッドクレー、ATP250)は19日、シングルス2回戦が行われ、第1シードのD・ゴファン(ベルギー)が予選勝者のA・バラージュ(ハンガリー)を6-4, 6-7 (7-9), 6-2のフルセットで下し、苦戦もベスト8進出を果たした。

今大会は上位4シードが1回戦免除のため、2回戦から登場となったゴファンはこの日、2度のブレークに成功して第1セットを先取するも、続く第2セットではタイブレークを接戦の末に落としてセットカウント1−1に。

その後、ファイナルセットではバラージュに1度もブレークチャンスを与えない試合を展開し、2時間20分で勝利を手にした。

準々決勝では、I・ドディグ(クロアチア)と対戦する。

26歳のゴファンは、今年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)に第10シードで出場していたが、世界ランク65位のH・セバリョス(アルゼンチン)との3回戦でボールを追いかけた際に転倒。怪我は肉離れと診断され、一時ツアー離脱を余儀なくされていた。

今シーズンは未だ無冠だが、ソフィア・オープン(ブルガリア/ソフィア、ハード、ATP250)とABNアムロ世界テニス・トーナメント(オランダ/ロッテルダム、室内ハード、ATP500)の2大会連続で準優勝。2月には、世界ランキングで自己最高の10位を記録している。

昨年のクロアチア・ウマグ・オープンでは、F・フォニーニ(イタリア)がA・マーティン(スロバキア)を下して優勝を果たした。