ゲリーウェバーOP時のカチャノフ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのスキースター・スウェーデン・オープン(スウェーデン/バスタード、レッドクレー、ATP250)は20日、シングルス2回戦が行われ、第5シードのK・カチャノフ(ロシア)がプロテクトランキングで出場のE・ガルビス(ラトビア)を4-6, 7-6 (7-5), 6-3の逆転で破り、初のベスト8進出を果たした。

この日、第1セットを落としたカチャノフは、第2セットで2本のマッチポイントを握られるもこれを死守。タイブレークをものにしてセットカウント1−1とすると、ファイナルセットでは1ブレークを守りきり、2時間38分で勝利を手にした。

準々決勝では、世界ランク89位のA・ドルゴポロフ(ウクライナ)と対戦する。ドルゴポロフは、2回戦で第9シードのH・セバリョス(アルゼンチン)をストレートで下しての勝ち上がり。

カチャノフは現在21歳。A・ズベレフ(ドイツ)やB・チョリッチ(クロアチア)らと共に次世代の担う選手としてネクスト・ジェネレーションのメンバーとなっており、今後の活躍が期待されている。

一方、敗れたガルビスは怪我の影響で現在世界ランキングを348位まで落としているが、自己最高ランキングは2014年に記録した10位。ツアーでは6大会でタイトルを獲得している実力者で、今年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)では2回戦で第29シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)を破っている。