全豪OP時のエブデン
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのホール・オブ・フェーム選手権(アメリカ/ニューポート、芝、ATP250)は20日、シングルス準々決勝が行われ、予選勝者のM・エブデン(オーストラリア)が世界ランク185位のT・カムケ(ドイツ)を4-6, 7-6 (8-6), 6-4の逆転で下し、ツアー初のベスト4進出を果たした。

この日、第1セットを落としたエブデンだったが、第2セットではタイブレークを制してセットカウント1−1に。ファイナルセットでは、カムケに1度もブレークを許さず2時間41分の激闘を制した。

準決勝では、世界ランク131位のP・ゴヨブジク(ドイツ)と対戦する。ゴヨブジクは、準々決勝でディフェンディングチャンピオンのI・カルロビッチ(クロアチア)を下しての勝ち上がり。

29歳のエブデンは、現在世界ランク249位。2011年の上海マスターズ(中国/上海、ハード、ATP1000)では予選を勝ち抜いてベスト8進出を果たし、2012年には世界ランキングで自己最高の61位を記録した。

今シーズンは、メンフィス・オープン(アメリカ/ メンフィス、室内ハード、ATP250)、チャレンジャー3大会でベスト8進出を果たしている。