ウィンブルドン時の錦織圭
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスで世界ランク8位の錦織圭は21日に自身の公式アプリ「KEI NISHIKORI」を更新し、アメリカに戻ることを報告した。

ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、ハード、グランドスラム)後に帰国し、スポンサーのイベントに出席していた錦織は7月31日に開幕するシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)に出場予定。

アプリには「ワシントンの前の1週間は、マイケルの家で練習する」と夏のハードコートシーズンへ向けて練習を開始すると綴った。

同大会にはD・ティーム(オーストリア)、M・ラオニッチ(カナダ)、G・ディミトロフ(ブルガリア)、G・モンフィス(フランス)、J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)も出場を表明している。