全仏OP時のフェレール
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのスキースター・スウェーデン・オープン(スウェーデン/バスタード、レッドクレー、ATP250)は22日、シングルス準決勝が行われ、第8シードのD・フェレール(スペイン)が第6シードのF・ベルダスコ(スペイン)を6-1, 6-7 (3-7), 6-4のフルセットで下し、ツアーで2015年のエルステ・バンク・オープン以来 約1年9カ月ぶりの決勝進出を果たした。

この日、ファーストサービスを82パーセントと高い確率で入れたフェレールはベルダスコに1度もブレークチャンスを与えずに第1セットを先取。しかし、続く第2セットではベルダスコの反撃に押され、タイブレークの末に落としてセットカウント1−1となる。

その後、ファイナルセットでは再びギアを上げたフェレールが6度のブレークチャンスから1度のブレークに成功し、2時間9分で勝利を手にした。

今回の勝利により、フェレールはベルダスコとの対戦成績を14勝7敗、2011年から11連勝とした。

現在35歳のフェレールは、2013年7月に世界ランク3位まで上り詰め、キャリア通算26勝を誇る実力者。しかし、近年は怪我に悩まされて思うような結果を残せておらず、ツアー大会では2015年10月のエルステ・バンク・オープン(オーストリア/ウィーン、ハード、ATP500)以降タイトルから遠ざかっている。

決勝では、世界ランク89位のA・ドルゴポロフ(ウクライナ)と対戦する。