アトランタOPを欠場したキリオス
画像提供:ゲッティイメージズ

24日に開幕するアトランタ・オープン(アメリカ/アトランタ、ハード、ATP250)は21日、大会公式サイトで昨年優勝を飾った世界ランク20位のN・キリオス(オーストラリア)が右臀部の痛みを理由に欠場することを発表した。

22歳のキリオスは、昨年のアトランタ・オープン決勝でJ・イズナー(アメリカ)を下し、キャリア2勝目をあげていた。

今シーズンはオープン13・マルセイユ(フランス/マルセイユ、 ハード、ATP250)、アビエルト・メキシコ・テルセル(メキシコ/アカプルコ、ハード、 ATP500)、マイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)でベスト4に進出。

しかし、グラスコートシーズンでは、AEGON選手権(イギリス/ロンドン、芝、 ATP500)とウィンブルドン(イギリス/ウィンブルドン、芝、グランドスラム)の2大会を怪我で途中棄権した。

22日にツイッターを更新したキリオスは「アトランタオープンの皆さん、申し訳ない。絶対に戻ってくる」と綴っていた。

今大会のシード勢は、第1シードがJ・ソック(アメリカ)、第2シードがイズナー、第3シードがG・ミュラー(ルクセンブルグ)、第4シードがR・ハリソン(アメリカ)、第5シードがK・エドモンド(英国)、第6シードがD・ヤング(アメリカ)、第7シードがチョン・ヒョン(韓国)、第8シードがJ・ドナルドソン(アメリカ)。