全豪オープン時の穂積絵莉
画像提供:tennis365.net

女子テニスの江西オープン(中国/南昌、ハード、WTAインターナショナル)は23日、シングルスの予選決勝が行われ、予選第2シードの穂積絵莉が予選第8シードの波形純理を6-2, 6-7 (5-7), 6-4のフルセットで下し、本戦入りを決めた。

この日、波形のサービスゲームを3度破って第1セットを先取した穂積だったが、続く第2セットでは両者2度のブレークからタイブレークへ突入。接戦の末に落とし、勝敗はファイナルセットへもつれ込む。

その後、ファイナルセットではレシーブで攻めた穂積が4度のブレークに成功し、2時間23分で勝利を手にした。

穂積は今大会に初の出場。今シーズンは、1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で予選3試合を勝ち抜いて四大大会初の本戦入りを果たした。

本戦1回戦では、第7シードのゼン・サイサイ(中国)と対戦する。

今大会、日本勢からは穂積の他に第8シードの尾崎里紗、奈良くるみ、日比野菜緒、加藤未唯の4選手が本戦へ出場している。