全仏オープン時の錦織
画像提供:tennis365.net

男子テニスで世界ランク8位の錦織圭は25日に自身の公式アプリ「KEI NISHIKORI」を更新し、練習を行っている動画を投稿した。

錦織は、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、ハード、グランドスラム)後に一時帰国し、スポンサーのイベント等に出席。現在は拠点のアメリカに戻り、2017年の後半戦に向けて調整を行っている。

この日、2人を相手にストロークの練習をした錦織は、7月31日に開幕するシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)に出場予定。前回出場の2015年には、J・イズナー(アメリカ)を下して大会初優勝を飾った。

同大会には、錦織の他にD・ティーム(オーストリア)、M・ラオニッチ(カナダ)、G・ディミトロフ(ブルガリア)、G・モンフィス(フランス)、J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)も出場を表明している。