早稲田フューチャーズ時の今井慎太郎
画像提供:tennis365.net

男子テニスツアーの下部大会である中国 F14 フューチャーズ(中国/天津、ハード、ITFフューチャーズ)は25日、シングルス1回戦が行われ、第5シードの今井慎太郎(東通産業)が世界ランク578位のワン・チュハン(中国)を6-4, 6-1のストレートで下し、2回戦進出を果たした。

この日、ファーストサービスが入った時に82パーセントの確率でポイントを獲得した今井は、4度のブレークに成功して1時間18分で勝利した。

2回戦では、世界ランク739位のK・シン(インド)と対戦する。

23歳の今井は今季、下部大会のポルシェ軽井沢フューチャーズ2017(長野県/軽井沢、クレー)で準優勝。香港 ITF 男子フューチャーズF3 2017(中国/香港、ハード、ITFフューチャーズ)では単複2冠を達成し、現在自己最高の世界ランク382位に位置している。

また、同日には第3シードの関口周一(Team REC)、江原弘泰(日清紡ホールディングス)、片山翔(伊予銀行)、福田創楽(フリー)の4選手も2回戦進出を果たした。