昨年全仏OP時のアルボット
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのスイス・オープン・グシュタード(スイス/グシュタード、クレー、ATP250)は25日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク132位のR・アルボット(モルドバ)が同85位のM・ユーズニー(ロシア)を4-6, 7-6 (8-6), 7-5の逆転で破り、大会初の初戦突破を果たした。

この日、第1セットを落としたアルボットだったが、続く第2セットはタイブレークの末に取り返しセットカウント1−1に。

その後、ファイナルセットでは6本のダブルフォルトを犯すなど精彩を欠いたユーズニーから3度のブレークに成功し、2時間52分で勝利を手にした。

2回戦では、第1シードのD・ゴファン(ベルギー)と対戦する。今大会は上位4シードが1回戦免除のため、ゴファンは2回戦からの登場。

現在27歳のアルボットは、今年4月に自己最高の世界ランク81位を記録。ツアー優勝は未だなく、6月のアンタルヤ・オープン(トルコ/アンタルヤ、芝、ATP250)でのベスト8進出が最高成績となっている。

スイス・オープン・グシュタードには2年連続の出場で、昨年は1回戦で敗れていた。