世界ランク6位のウォズニアッキ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのエリクソン・オープン(スウェーデン/バスタッド、クレー、WTAインターナショナル)は25日、シングルス1回戦が行われ、第1シードのC・ウォズニアッキ(デンマーク)は世界ランク107位のP・パルメンティエ(フランス)に苦戦するも6-3, 3-6, 6-2のフルセットで下し、初戦突破を果たした。

この日、第1セットを先取したウォズニアッキだったが、続く第2セットでは4本のダブルフォルトを犯してパルメンティエに2度のブレークを許し、セットカウント1−1とされる。

その後、ファイナルセットでは再びギアを上げたウォズニアッキが3度のブレークに成功し、1時間52分で勝利した。

2回戦では、世界ランク106位のV・ゴルビッチ(スイス)と対戦する。

世界ランク6位のウォズニアッキは今季、未だ優勝はないがカタール・トータル・オープン(カタール/ドーハ、ハード、WTAプレミア)、ドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(UAE/ドバイ、ハード、WTAプレミア)、マイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、プレミアマンダトリー)、AEGON国際(イギリス/イーストボーン、芝、WTAプレミア)の4大会で決勝に進出しており、今大会で今季初、キャリア26勝目を狙う。

エリクソン・オープンには、2011年以来6年ぶり3度目の出場。2009年には準優勝を飾っている。