初戦突破を果たしたミルマン
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのアトランタ・オープン(アメリカ/アトランタ、ハード、ATP250)は25日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク174位のJ・ミルマン(オーストラリア)が同60位のF・ティアフォー(アメリカ)を5-7, 6-4, 7-6 (7-5)の逆転で破り、初戦突破を果たした。

昨年8月のウィンストン・セーラム・オープン(アメリカ/ウィンストン・セーラム、ハード、 ATP250)で西岡良仁やR・ガスケ(フランス)らを下してベスト4へ進出したミルマンだが、その後は股関節を負傷。今年5月に復帰したが初戦からシード選手との対戦が多く、勝利をあげられていなかった。

この日は地元期待の若手であるティアフォーに19本のサービスエースを決められるもファイナルセットのタイブレークを制し、約11カ月ぶりにツアー本戦での勝利を手にした。

2回戦では、第4シードのR・ハリソン(アメリカ)と対戦する。

同日の1回戦では第5シードのK・エドモンド(英国)、第6シードのD・ヤング(アメリカ)が2回戦進出。若手期待のT・フリッツ(アメリカ)とR・オペルカ(アメリカ)は初戦で姿を消した。