全豪OP時の穂積絵莉
画像提供:tennis365.net

女子テニスの江西オープン(中国/南昌、ハード、WTAインターナショナル)は26日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク188位の穂積絵莉は同109位のシェ・シュウェイ(台湾)に6-4, 3-6, 4-6の逆転で敗れ、ベスト8進出とはならなかった。

この日、序盤でブレークを許した穂積だったが、ドロップショットでシュウェイを揺さぶりブレークバックに成功すると、第9・第10ゲームを連取して第1セットを先取。

第2セットはブレーク合戦から粘り強いシュウェイに屈して第8・第9ゲームを連取され、セットカウント1−1に追いつかれる。

ファイナルセットに入ると第1ゲームでミスを重ねてブレークを許した穂積はゲームカウント4−4にするも、2時間12分で敗れた。

その他の日本勢では、日比野菜緒が2回戦進出。第8シードの尾崎里紗、奈良くるみ、加藤未唯は初戦で敗退した。