全仏OP時の日比野菜緒
画像提供:tennis365.net

女子テニスの江西オープン(中国/南昌、ハード、WTAインターナショナル)は27日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク88位の日比野菜緒は第3シードのKr・プリスコバ(チェコ共和国)が左手の負傷で途中棄権したことにより、0-3の時点でベスト8進出を果たした。

>>日比野vsプリスコバ 1ポイント速報<<

日比野は今大会、1回戦で世界ランク209位のザン・カイリン(中国)をフルセットで下しての勝ち上がり。

一方のプリスコバは1回戦でチャン・スジョン(韓国)をストレートで下して2回戦へ駒を進めた。

また、今大会には日本勢から第8シードの尾崎里紗、奈良くるみ、穂積絵莉、加藤未唯の4選手が出場。尾崎・奈良・加藤が1回戦敗退、穂積は2回戦で敗れた。