BMWオープン時のホフマン
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのスイス・オープン・グシュタード(スイス/グシュタード、クレー、ATP250)は27日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク170位のY・ホフマン(ドイツ)が第3シードのF・ロペス(スペイン)を7-6 (7-5), 3-6, 6-1のフルセットで破る番狂わせを演じ、今季2度目のツアーベスト8進出を果たした。

2015年にプロへ転向した25歳のホフマンは、今年のBMWオープン(ドイツ/ミュンヘン、レッドクレー、ATP250)で自身初のツアー8強入り。

この日は世界ランク27位のロペスを相手に、ファイナルセットでは2度のブレークに成功し、1時間48分で勝利した。

準々決勝でホフマンは、第8シードのJ・ソウサ(ポルトガル)と対戦する。

同日の2回戦では、第4シードのF・フォニーニ(イタリア)が準々決勝へ駒を進めたが、第5シードのP・ロレンジ(イタリア)は敗れた。