ベスト8進出を果たしたユーバンクス
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのアトランタ・オープン(アメリカ/アトランタ、ハード、ATP250)は27日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク461位のC・ユーバンクス(アメリカ)が第8シードのJ・ドナルドソン(アメリカ)を6-4, 4-6, 6-2のフルセットで破り、ツアー初のベスト8進出を果たした。

ジョージア工科大学の学生である21歳のユーバンクスは、1回戦で2016年のメンフィス・オープン(アメリカ/メンフィス、ハード、ATP250)で準優勝を飾ったT・フリッツ(アメリカ)をストレートで下し、ツアー初勝利をあげていた。

この日は201センチの長身を活かした強烈なサービスとストロークを武器に、20歳の若手ドナルドソンを1時間46分で下した。

準々決勝でユーバンクスは、第4シードのR・ハリソン(アメリカ)と対戦する。ハリソンは2回戦でJ・ミルマン(オーストラリア)を逆転で破っての勝ち上がり。

同日の2回戦では、第1シードのJ・ソック(アメリカ)と第5シードのK・エドモンド(英国)も準々決勝へ駒を進めた。