第1シードの大岐優斗
画像提供:tennis365.net

全国から集まった小学生が日本一を競う第35回第一生命全国小学生テニス選手権大会(東京/相娯園総合グラウンドテニスコート、クレー)は大会初日の28日、男子シングルス2回戦が行われ、第1シードの大岐優斗(宮崎/宮崎市立加納小学校)が武藤守生(福岡/小郡市立三国小学校)を6-1, 6-2のストレートで下し、3回戦進出を果たした。

今大会、上位16シードは1回戦免除のため、2回戦が初戦だった大岐は、序盤から強力なフォアハンドで試合の主導権を握って第1セットを先取。続く第2セットでもコースを上手くついてリードを奪い、ストレート勝ちをおさめた。



武藤守生


3回戦では花田海翔(福岡/北九州市立曽根東小学校)と対戦する。花田は、2回戦で畑碧音(静岡/浜松市立県居小学校)を6-2, 6-2のストレートで下しての勝ち上がり。

過去の全国小学生テニス選手権大会では、男子テニスで世界ランク8位の錦織圭が2001年にタイトルを獲得。その他は、添田豪が1996年に優勝、内山靖崇が2004年に優勝、西岡良仁が2007年に優勝を飾っている。

女子では奈良くるみが2002年に準優勝、2003年に優勝。尾崎里紗は2006年に優勝した。

昨年は、男子が中村健太(千葉/習志野市立大久保東小学校)、女子は久保杏夏(広島/広島市立古市小学校)が日本一に輝いた。