ベスト4進出を果たしたコールシュライバー
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのジャーマン・オープン(ドイツ/ハンブルグ、レッドクレー、ATP500)は28日、シングルス準々決勝が行われ、世界ランク58位のP・コールシュライバー(ドイツ)が同96位のN・キッカー(アルゼンチン)を7-6 (8-6), 4-6, 6-4のフルセットで下し、ベスト4進出を果たした。

この日、ファイナルセットで1ブレークを許したコールシュライバーは、第4ゲームでキッカーのサービスをリターンしようとしたが、ボールが腹部に直撃するハプニングが起きた。

その後、息を吹き返したコールシュライバーはこのセットだけで3度のブレークに成功し、2時間36分で勝利した。

準決勝では、世界ランク101のF・マイヤー(ドイツ)と対戦する。マイヤーは準々決勝で第6シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)をフルセットで破っての勝ち上がり。

その他ではF・デルボニス(アルゼンチン)とL・メイヤー(アルゼンチン)もベスト4へ駒を進めた。