ベスト4進出を果たしたエドモンド
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのアトランタ・オープン(アメリカ/アトランタ、ハード、ATP250)は28日、シングルス準々決勝が行われ、第5シードのK・エドモンド(英国)が第1シードのJ・ソック(アメリカ)を6-4, 6-1のストレートで破り、ベスト4進出を果たした。

>>錦織らシティOP組み合わせ<<

>>錦織 2回戦1ポイント速報<<

この日、22歳のエドモンドはファーストサービスが入った時に82パーセントの確率でポイントを獲得。さらに9度のブレークチャンスから4度のブレークに成功し、1時間28分でソックとの初対戦を制した。

準決勝では、第4シードのR・ハリソン(アメリカ)と対戦する。ハリソンは準々決勝でジョージア工科大学の学生である21歳のC・ユーバンクス(アメリカ)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日の準々決勝では、2年ぶり4度目の優勝を狙う第2シードのJ・イズナー(アメリカ)と第3シードのG・ミュラー(ルクセンブルグ)も4強へ進出した。