全仏オープン時の日比野菜緒
画像提供:tennis365.net

女子テニスの江西オープン(中国/南昌、ハード、WTAインターナショナル)は29日、シングルス準決勝が行われ、世界ランク88位の日比野菜緒が同147位のワン・ヤファン(中国)を6-0, 6-2のストレートで下して自身4度目のツアー決勝進出を果たし、今季初優勝に王手をかけた。

>>錦織らシティOP組み合わせ<<

>>錦織 2回戦1ポイント速報<<

この日、日比野は序盤からサービスエースやフォアハンドのウィナーを決めるなどで圧倒し、1ゲームも与えずに第1セットを先取。

第2セットは調子を上げたワンに第1ゲームでブレークを許したが、第4ゲームで激しいラリー戦を制してブレークバック。

さらに強烈なフォアハンドのリターンエースを決めて第6ゲームでブレークすると流れは日比野に傾き、今年3月のALYAマレーシア・オープン(マレーシア/クアラルンプール、ハード、インターナショナル)以来 今季2度目の決勝進出を決めた。

2015年のタシケント・オープン(ウズベキスタン/タシケント、ハード)以来の優勝を狙う日比野は決勝で、第2シードのペン・シュアイ(中国)とハン・チンユン(中国)の勝者と対戦する。