BMWオープン時のホフマン
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのスイス・オープン・グシュタード(スイス/グシュタード、クレー、ATP250)は29日、シングルス準決勝が行われ、世界ランク170位のY・ホフマン(ドイツ)が第6シードのR・ハーセ(オランダ)を3-6, 7-6 (8-6), 7-6 (7-4)の逆転で破り、ツアー初の決勝進出を果たした。

この日、ハーセに3度のブレークを許して第1セットを落としたホフマンだったが、続く第2セットでタイブレークの接戦の末に取り返しセットカウント1−1に。

その後、ファイナルセットでもタイブレークへもつれる激闘の中、最後はホフマンがサーブアンドボレーを決め、2時間27分の戦いに終止符を打った。

勝利の瞬間、両手で力強くガッツポーズをして喜びを爆発させたホフマンは、試合を通して4本のマッチポイントをしのいで勝利を手にした。

ツアー初優勝をかけて、決勝で第4シードのF・フォニーニ(イタリア)と対戦する。フォニーニは、同日の準決勝で第2シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)を逆転で下しての勝ち上がり。

現在25歳のホフマンは今大会、予選2試合を勝ち抜いて本戦入りを果たし、1回戦でF・バグニス(アルゼンチン)、2回戦で第3シードのF・ロペス(スペイン)、準々決勝で第8シードのJ・ソウサ(ポルトガル)を破る快進撃で準決勝へ駒を進めていた。