マドリッドOP時のコールシュライバー
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのジャーマン・オープン(ドイツ/ハンブルグ、レッドクレー、ATP500)は29日、シングルス準決勝が行われ、P・コールシュライバー(ドイツ)はF・マイヤー(ドイツ)と対戦するも6-4, 2-3の時点で左足の内転筋負傷により途中棄権となった。

>>錦織らシティOP対戦表<<

この日、ファーストサービスが入った時に78パーセントの確率でポイントを獲得して第1セットを先取したコールシュライバーだったが、続く第2セットの第5ゲーム終了時に怪我で動けない苛立ちからラケットをコートへ叩きつけ、その後マイヤー、主審と握手を交わして棄権した。

コールシュライバーは、ベンチに戻ってからも自身への苛立ちがおさまらず、ラケットを数回コートへ叩きつけ、コートを去っていった。

世界ランク58位のコールシュライバーは、キャリア通算7勝を誇るが今年は未だツアー優勝に至っていない。

一方、思わず形で駒を進めたマイヤーは決勝でL・メイヤー(アルゼンチン)と対戦する。