決勝進出を果たした花田海翔
画像提供:

全国から集まった小学生が日本一を競う第35回第一生命全国小学生テニス選手権大会(東京/相娯園総合グラウンドテニスコート、クレー)は大会最終日の30日、男子シングルス準決勝が行われ、花田海翔(福岡/北九州市立曽根東小学校)と前田優(大分/大分大学教育学部附属小学校)が決勝進出を果たした。

第1シードを破って準決勝に駒を進めていた花田海翔はボウルズ・ニコラス(神奈川/逗子市立小坪小学校)と対戦。花田は、アグレッシブな攻めでサウスポーのボウルズからポイントを先行し、6-2, 6-4のストレートで勝利を手にした。

一方の前田優は、第2シードの坂本健英(神奈川/相模原市立若松小学校)の強打を上手くかわしてリードを奪い、6-2, 6-2の快勝で決勝進出を果たした。



前田優


過去の全国小学生テニス選手権大会では、男子テニスで世界ランク8位の錦織圭が2001年にタイトルを獲得。その他は、添田豪が1996年に、内山靖崇が2004年に、西岡良仁が2007年に全国制覇を成し遂げた。

女子では奈良くるみが2002年に準優勝、2003年に優勝。尾崎里紗は2006年に優勝を果たした。

昨年は、男子が中村健太(千葉/習志野市立大久保東小学校)、女子は久保杏夏(広島/広島市立古市小学校)が日本一に輝いた。

男子準決勝の結果と決勝の組み合わせは下記の通り。

【男子決勝】

花田海翔(福岡/北九州市立曽根東小学校) vs 前田優(大分/大分大学教育学部附属小学校)

【男子準決勝】

花田海翔 6-2, 6-4 ボウルズ・ニコラス(神奈川/逗子市立小坪小学校)

前田優 6-2, 6-2 (2)坂本健英(神奈川/相模原市立若松小学校)