初戦で敗れた土居美咲
画像提供:ゲッティ イメージズ

女子テニスのバンク・オブ・ウエスト・クラシック(アメリカ/スタンフォード、ハード、WTAプレミア)は31日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク81位の土居美咲は同129位のK・デイ(アメリカ)に4-6, 2-6のストレートで敗れ、3年連続の初戦突破とはならなかった。

>>錦織らシティOP組み合わせ<<

>>錦織 2回戦1ポイント速報<<

この日、土居は1ブレークに成功したが、17歳のデイに4度のブレークを許して1時間25分で敗れた。

現在26歳の土居は昨年10月に世界ランキングで自己最高の30位を記録。今シーズンはニュルンベルガー・カップ(ドイツ/ニュルンベルク、 レッドクレー、WTAインターナショナル)でベスト4進出、ムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、WTAプレミア・マンダトリー)では16強へ進出した。

勝利したデイは2回戦で、今年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)を制した第1シードのG・ムグルサ(スペイン)と対戦する。

その他の日本勢では大坂なおみも出場しており、1回戦で予選勝者のC・ドルハイド(アメリカ)と対戦する。