怒りをあらわにしたズムル
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのアビエルト・メキシカーノ・オープン(メキシコ/ロスカボス、ハード、ATP250)は31日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク87位のD・ズムル(ボスニア)が同95位のダニエル太郎を6-7 (4-7), 6-3, 6-3の逆転で破り、初戦突破を果たした。

>>錦織らシティOP組み合わせ<<

>>錦織 2回戦1ポイント速報<<

この日、ズムルは第1セットで主審の際どい判定に猛抗議し、怒りをあらわにした。第10ゲームではサービング・フォー・ザ・セットを迎えるも怒りはおさまらず、文句を言い続けたズムルはダニエル太郎にブレークバックを許した。

その後は第1セットを落とすも、第2セットを取り返すと息を吹き返し、2時間14分でダニエル太郎を振り切った。

2回戦では、昨年優勝者で第5シードのI・カルロビッチ(クロアチア)と予選勝者のQ・ハリス(フランス)のどちらかと対戦する。

25歳のズムルは、今年2月のドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、ハード、ATP500)1回戦でS・ワウリンカ(スイス)をストレートで破る金星をあげる活躍を見せた。